メタバリアプレミアムSには副作用はあるのか?

 

食べることが好き、糖や脂が気になる、こんな方をサポートするサプリメントが「メタバリアプレミアムS」です。

 

メタバリアプレミアムSは毎日飲むことで糖や脂をサポートしてくれます。

 

口に入れるものなので、副作用が気になる方もいるのではないでしょうか?

 

それでは、メタバリアプレミアムSには副作用があるのか見ていきたいと思います。

 

 

 

メタバリアプレミアムSのサラシアによる副作用は?

 

 

 

メタバリアプレミアムSには、サラシア、海藻ポリフェノール、ヒハツエキス、トウガラシエキスなどが配合されています。

 

サラシアはインドの伝統医学アーユルヴェーダで利用されてきたニシキギ科サラシア属の植物であり、中国、タイ、インドネシアなどでは古くから健康のために飲まれています。

 

メタバリアプレミアムSには糖を分解する酵素の働きを抑制する作用があり、1日に240mgをめどに食前に摂取をすると、糖の吸収が抑制されるので血糖値上昇が抑えられることが期待できます。

 

メタバリアプレミアムSは1日目安量8粒あたり240mgのサラシア配合で、摂取量を守っている限りは過剰摂取になることはなく、サラシアによる副作用の心配はほとんどありません。

 

 

 

海藻ポリフェノールの副作用

 

 

 

海藻ポリフェノールとは海藻から抽出したポリフェノールのことです。

 

北欧やカナダで採れるアスコフィラム・ノドサムという海藻から抽出しています。

 

日本人は昔から海藻を食してきました。

 

また、海藻は健康や美容素材としても使用されています。

 

過剰に摂取しない限り副作用の心配がない成分です。

 

 

 

ヒハツの副作用

 

 

 

ヒハツとはコショウ科のツル性植物です。

 

乾燥させたものはスパイスとして利用されています。

 

アーユルヴェーダで利用されたり、インド、インドネシア、マレーシアなどでは料理に利用されています。

 

日本ではサプリメントとして利用されることがあります。

 

利用されてきた歴史があるので副作用の心配はほとんどありません。

 

 

 

トウガラシエキスの副作用|メタバリアプレミアムSの副作用まとめ

 

 

 

トウガラシエキスはトウガラシから抽出するエキスのことです。

 

トウガラシは料理の味付けやキムチなどで普段から摂取していると思います。

 

トウガラシにはカプサイシンが含まれていて、カプサイシンがアドレナリンの分泌を促し、これによって脂肪を分解する酵素の働きが強化されます。

 

トウガラシを過剰摂取すると胃が痛くなることがありますが、サプリメントに配合されている程度の量なら過剰摂取になる心配はありません。

 

1日の摂取量を守っていれば副作用の心配はないです。

 

このように、メタバリアプレミアムSに配合されている成分は副作用の心配がほとんどないものです。

 

1日の摂取量を守っていれば安全です。